インスタントガストロノミー|茂田正和

インスタントガストロノミー|茂田正和

鰹の手ゴネ寿司  -和ハーブの香り-

ひと皿で、炒める、煮る、炊くなどの調理をかなえるHEGEを使い、手軽に美味しく、そしてエモーショナルな料理を体験するダイニングイベント「インスタントガストロノミー」。ブランドディレクター茂田正和のSpecial Recipe。

使用アイテム | φ250 直火鍋
 
材料(4人分
  • しそ 10枚( 水に晒してアクを抜いて千切り
  • 小口ネギ 4本(小口切り)
  • 生姜  小さじ1(すりおろし)
  • 塩麹  大さじ1
  • すだち 1
  • ご飯 1.5合
  • 酢  大さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • カツオ  1冊
  • ミント  お好きなだけ

作り方
  1. しそと生姜と小ネギと塩麹、すだちをまな板の上で叩いてペースト状にする
  2. 切ったカツオとペーストを混ぜて、10分くらいつける(切ったカツオはキッチンペーパーなどで余分な水分を拭き取る)
  3. HEGEで酢飯を作り、その上に鰹を並べ、ミントを散らしたら完成
※HEGEでお米を炊くとパラっと炊けるので、酢飯に愛用抜群。お米からぜひ炊いてみてください。
ブログに戻る